酵素

酵素って何?酵素を多く摂れる食品は?

酵素とは

酵素と聞くとどんなイメージをしますか?

多くの人は「酵素=消化」というイメージがあると思います。しかし、「酵素=消化」というのは酵素の活動のほんの一部でしかありません。実は、酵素は筋肉を動かしたりする生命活動に関係しているんです。

極端な話、人間は酵素がなければ生きていくことができません。そんな生命活動にとても大切な酵素ですが、日常の食事の中で補うことは非常に難しいです。

理由としては、酵素は熱に弱く48~70度で働きを失うからです。料理で過熱を行ったものは酵素として機能しないので、酵素は新鮮な生の食べ物か酵素ドリンク・酵素サプリから取り入れることが大切です。

酵素は1つの種類につき、1つの仕事しかできない。

酵素は種類によって働きが大きく変わり、1つの種類につき、1つの仕事しかできません。

つまり、1種類の酵素を摂り続けていても、1つの効果しか得られないです。

そのため、多くの種類の酵素を効率良く摂取して、多くの働きを促すことが重要です。

酵素とは(その2)

 

少し難しい話になりますが、酵素には内部酵素(潜在酵素)と外部酵素(食物酵素)の2種類があります。

内部酵素には消化酵素と代謝酵素があり、代謝酵素は新陳代謝などに影響するので、代謝酵素は健康・美容やダイエットに関わってきます。

しかし、内部酵素は実は年齢と共に減っていきます。加齢に伴う身体の不調(腰痛や肩こり、寝付きの悪さなど)なども酵素が不足しているからと言われています。

消化酵素と代謝酵素の関係

美容・健康には代謝酵素を増やすことが大切だと先ほど述べましたが、代謝酵素を増やすためには、消化酵素と代謝酵素の関係を知っておく必要があります。

消化酵素と代謝酵素の関係は、
消化酵素が多いと代謝酵素は減り、消化酵素を減ると代謝酵素が増える。
という関係です。

美容や健康に大切な代謝酵素を増やすためには、酵素ドリンクでファスティングを行い(食事回数を減らす)、酵素を効率よく摂り入れることが有効になります。

酵素を多く含む食品

今、酵素ドリンクや酵素サプリが大人気です。人気の理由としては、酵素は普段の食事から摂ることが難しいと思われているからです。

そして、普段の食事から摂ることが難しいと思われている酵素を多くの方は酵素ドリンクや酵素サプリで補おうとしています。

しかし、本当に普段の食事から酵素を摂ることは難しいのでしょうか?

 

答えは「普段の食事から酵素を摂るのは難しい」です。

酵素は熱に弱く、48~70度で働きを失ってしまいます。料理で過熱を行うと酵素は働きを失ってしまうのが、食事から酵素を摂ることは難しいと思われている理由です。

「食事から酵素を摂る」ことができれば、「普段の食事の酵素+酵素ドリンク・酵素サプリ」となり、体内に多くの酵素を摂り入れることができます。そして、体内に少しでも多くの酵素を摂り入れることができれば、健康・美容・ダイエットの近道になります。

そこで今回は酵素を多く含んでいる食品や食事、調理法をご紹介します。
普段の食事を改善して、健康・美容・ダイエットの近道を目指しましょう!

酵素の多い食べ物① フルーツ

 

先ほども述べた通り、酵素は熱に弱いです。その点、フルーツは生で食べることができるので、オススメの食べ物です。

また、フルーツはビタミンなどの栄養素を含んでいるので健康・美容をサポートしてくれます。また、フルーツは消化を助けてくれるものが多いので、食後のフルーツがオススメです。

酵素の多いフルーツ:パイナップル・バナナ・パパイヤ

パイナップル
パイナップルはビタミンA、B1、B2、C、Gを多く含み、タンパク質分解酵素ブロメニンを持っています。
ブロメニンは腸内の腐敗産物を分解してくれるので消化不良や下痢に効果があります。

バナナ
バナナはとても消化吸収が良く、バナナに含まれている酵素アミラーゼは消化を促進してくれます。

パパイヤ
パパイヤはパパイン酵素という消化酵素が含まれています。このパパイン酵素は脂質・糖質・タンパク質を分解する働きを持ちます。

 

酵素の多い食べ物② 野菜

 

野菜も多くの酵素を摂ることができます。ここでも野菜は過熱をしないというのが大前提です。サラダは多くの種類の野菜の酵素を生で摂ることができるので、とてもオススメです。

普段の食事の前にサラダを摂ることで、多くの種類の酵素を摂ることができて、さらにお腹も膨らませることができます。

酵素の多い野菜:大根・キャベツ・セロリ

大根
大根にはジアスターゼという消化酵素が含まれており、胃腸を整えてくれます。

キャベツ
キャベツに含まれるイソチオシアネートは、発ガン物質が活性化するのを防止の効果があると言われています。

セロリ
ビタミン類やミネラルが豊富な野菜です。この豊富な栄養によって体調を整えてくれます。

 

酵素の多い食べ物③ 発酵食品

 

酵素が多いと食べ物として意外に知られていないのが発酵食品です。酵素ドリンクや酵素サプリも野菜やフルーツの酵素は含まれていますが、発酵食品の酵素が含まれている商品は中々ありません。

ヨーグルトやキムチは乳酸菌を多く含んでおり、整腸作用が期待できます。納豆も納豆菌を含んでいるので、動脈硬化や骨粗しょう症の予防に効果があります。

酵素の多い発酵食品:ヨーグルト・キムチ・納豆

ヨーグルト
ヨーグルトの乳酸菌は整腸作用があります。

キムチ
キムチは乳酸菌による整腸作用、血流の改善などの効果があります。

納豆
納豆は血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化や骨粗しょう症の予防に効果があります。

 

酵素を多く摂れる調理法

酵素を多く摂る調理法としてオススメなのが、スムージーです。スムージーは熱処理を行うことなく、野菜やフルーツを摂ることができるので、酵素の宝庫です。また、スムージーは味を調節すれば飲みやすく、お腹も意外に膨れます。

オススメ酵素料理 キムチ納豆

納豆+キムチ
納豆とキムチの組み合わせは多くの酵素を摂ることができ、腸内環境の改善や血液をサラサラにしてくれます。そして、とにかく美味しい!! ご飯ぴったりです。

また、納豆とキムチに生卵を加えるとまろやかな味わいになり、さらに美味しくなります。